「何を」「どうやって」よりも「なぜ」から語る

「これ、なぜ買ったんですか?」「なぜ、これを始めたんですか?」「なぜ、そうされたんですか?」

人に商品を買ったときの理由や、人が何か行動を起こしたとき、その理由や、その動機を知りたいとき「なぜ?」と聞きますよね?

これは、人は「なぜ」に動かされるという事を、本能的に分かっているからなのだと思います。

人は「なぜ?」の理由が、明確であればある程、具体的に動くのです。

ところで、あなたは《ゴールデンサークル》をご存知でしょうか?もしあなたが、人を動かすリーダーや指導者で在りたい、顧客に影響力を与えたいというのであれば、この動画を観ることをオススメします。

多くの人は、他の人を説得したかったり動かしたいとき、「○○してください」「○○をやってください」といった感じで、「何を」「どうする」といった、伝え方をします。

企業も商品やサービスを売りたいとき、「この商品、如何ですか?この商品は、こんな機能があります」といった「何を」を伝えたがります。

《順序が逆》なんですね。影響力のある優れたリーダーや指導者、また業界を牽引する企業は、自覚あるなしに「なぜ?」から伝える《アプローチ》をしているものです。

「○○してください」「○○をやってください」といった「何を」「どうする」のではなく、「なぜ、○○をする必要があるのか」「なぜ、○○をやる必要があるのか」をまず説明します。

業界を牽引する企業も、「この商品、如何ですか?この商品は、こんな機能があります」といった「何を」伝えるのではなく、顧客のニーズを汲み取り「なぜ、この商品やサービスはあなたに必要なのか」を説明します。その軸となる「なぜ」の部分、理由・目的がしっかりしているのです。

人の脳は「何を?」ではなく「なぜ?」に動かされるのです。
サイモン・シネック

人は「なぜ」が理解出来ると、自分事として捉えはじめます。自分事として捉え、興味を持つと、それが動き出す“きっかけ”となるのです。


WHYから始めよ! インスパイア型リーダーはここが違う

記事のシェアはこちらから


理想の自社事業構築《無料》メール講座
「商品、サービスメニューのこと、もっと詳しく聞かせてください!」

このようにお客さまから興味を持ってもらえたら、ビジネスはどれほどラクになるでしょうか。

商品やサービスメニューに強い興味を持ってもらえたら、あとはその商品やサービスメニューを、お客さんの目の前に差し出すだけです。

マーケティングとセールスが上手くいくと、このような【理想的なマイビジネス】を構築することが可能になります。

登録は無料です。ご興味がある方はどうぞ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

アバター
代表/ホームページ活用コンサルタント
「自社事業を軌道にのせたい!」そんな一人型ビジネスの方〜スタッフ3人程度の小さな会社の売上げアップをお手伝いしています。 趣味はお出かけ。キレイな景色、ビール、サンマ、ソーメンが大好物です(笑) 紅葉が彩る美しい秋の日本庭園を歩くと「日本に生まれて良かった!」と、テンションが上がります(笑)