混ぜるなキケン。悩み・問題は小分けに整理する

「さて、どうしたものか、わからないです…」

人の悩みや問題って、大抵いろんな事がゴチャマゼになってます。大きな《悩みの塊》になっているようなイメージです。

僕らコンサルタントは、その話しを聞きながら、この話しはこの話し、これはこれ、というように、ゴチャマゼになった大きな悩みの塊を、一つひとつ小分けに分解し、“一つひとつを別けて整理”していきます。

本棚でいうと、乱雑に並べられた本を、分野ごとに整理して並べ直すようなイメージです。

前回の現状改善の対策を立てるときに意識することの内容にも繋がりますが、今回お伝えしたいことは、この“一つひとつ別けて整理”するというところです。

問題を一つひとつ分解し整理をしながら、「“何処迄”が、上手くいっているか?」そして「“何処から”が、上手くいってないのか?」を見極めていくのポイントです。

そして、それを見極めたら「上手くいっているところは、“そのまま”」にして、「上手くいってないところを改善」していきます。

よくやってしまいがちなのが、せっかく上手くいっているのに、その“上手くいっているところまで、変えてしまう”パターンです。これだと対策を重ねても、改善していきません。

この“何処から〜何処まで”を見極めながら、改善を進めていくことをオススメします。

上手くいっていると判断出来たら、そこは“そのまま”にして、上手くいってないところの対策を進め、改善していきましょう。きっと改善が積み上がる筈ですよ。


【セミナー案内】
2020年2月18日(火)、2月25日(火)、2月29日(土)
小心者・口下手・トークもヘタクソ、営業・セールスが苦手、、 なのに、セールスが決まる秘訣とは?