「なんか違和感。。」ボタンの《掛け違え》が起きてない?

「なんか違うな、、なんか違和感がある。。」

ビジネスを進めていく中で、うまく言語化出来ないけど、何か違和感を感じるときが、出てくるかもしれません。

そういう時は、洋服のボタンの例でいえば、何処かで「ボタンの《掛け違え》」をしているのかも?しれませんよ。

マーケティングの設計図を、凄く凄くシンプルにしていくと、「誰に、何を、どのように」に集約されます。もっというと、現在は「誰に、《誰が》、何を、どのように」ですね。

現在は「《誰が》それを伝えているか?」といった、伝える人や会社の《信用》が凄く大事で、影響を与えます。

「誰に、《誰が》、何を、どのように」

まずは、この一つひとつを分解して観ていきます。そして次に、この別け方だと、まだざっくりしすぎるので、さらに分解していく…といった感じで観ていきます。

一つひとつを分解して観ていくと、「どうもココの流れがおかしい、、」「ココが伝わりづらい」「ココが分かりづらい」という、流れが悪いところに気付くかもしれません。ボタンを一つひとつ掛け直していく感じです。

大抵、、最初の「誰に」から、躓いていることがほとんどです(苦笑)本来、お客さんではない人を集めてしまっていたり。

そして一回調整したら終わりというわけではありません。状況はどんどん変わるので、定期的に見直していくことが必要です。僕も絶賛調整中です(笑)

何か違和感を感じたり、ビジネスを客観的にシンプルに分解して観てみたい、というときにオススメの方法です。

関連記事:混ぜるなキケン。悩み・問題は小分けに整理する

追伸:
この辺りの話しを詳しく聞きたい方は、問い合わせください(笑)
客観的に観てもらったほうがよく観えるものです。

記事のシェアはこちらから


理想の自社事業構築《無料》メール講座
「商品、サービスメニューのこと、もっと詳しく聞かせてください!」

このようにお客さまから興味を持ってもらえたら、ビジネスはどれほどラクになるでしょうか。

商品やサービスメニューに強い興味を持ってもらえたら、あとはその商品やサービスメニューを、お客さんの目の前に差し出すだけです。

マーケティングとセールスが上手くいくと、このような【理想的なマイビジネス】を構築することが可能になります。

登録は無料です。ご興味がある方はどうぞ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

アバター
代表/ホームページ活用コンサルタント
「自社事業を軌道にのせたい!」そんな一人型ビジネスの方〜スタッフ3人程度の小さな会社の売上げアップをお手伝いしています。 趣味はお出かけ。キレイな景色、ビール、サンマ、ソーメンが大好物です(笑) 紅葉が彩る美しい秋の日本庭園を歩くと「日本に生まれて良かった!」と、テンションが上がります(笑)