世間や人の目が気になる??そんなときに意識する事とは?

ビジネスでは当然ですが、“見込み客の注目を集める”ことって大事です。まずは《認知》してもらうことから、始まります。

認知してもらうために、広告を打ったりするわけですが、中にはブログを書いたり、メルマガを書いたりと、“情報発信”をされている人も多いですよね。

情報発信をする際に「他人の目が気になる、、」そんなことはないですか?そのような声を聞く事もあります。

人間は《社会的な生き物》ですからね、そりゃ気になりますよ。わかります。正直、僕も未だにそういうところあります。

…ありますが、昔ほどではないです。

人目を非常に気にしていた昔と、それほどではない現在、何が違うのか?というと、

それは「視点が《自分》ではなく、《お客さん》を中心に向いている」からです。

人目を気にしているときって、大抵、世間や周囲の人の目であったり、同業者の目だったりしませんか?

お金を払ってくれるのは、お客さんであって、世間や周囲の人でもなく、同業者でもないです。

気にすべきは《お客さん》

と、エラそーに言ってますが、、僕もこのことを先生から教わりました。

…ともすると、すぐに自分視点に戻ってしまうので、その都度気付いては、この教えを思い出して「いかん、いかん」と軸を整えています(苦笑)

あと、「目立ちたくないんです!」って人もいますね。その気持ちも分かります(笑)だって僕もそうだから(笑)

僕も本来は裏方タイプです。役割をこなすため、シチュエーションに応じて前に立って話している、、という感じです。

違うんですよ。《自分》が目立つために、やるわけではありません。これも《お客さん》に「知ってもらう、認知してもらう」ために、《お客さんのため》に、結果的に目立つのです。

ビジネスはお客さん視点で設計する。これ大事な視点です。

《無料動画》全4話公開中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

アバター
代表/オンラインマーケティングコンサルタント
「自社事業を軌道にのせたい!」そんな一人型ビジネスの方〜スタッフ3人程度の小さな会社の売上げアップをお手伝いしています。 趣味はお出かけ。キレイな景色、ビール、サンマ、ソーメンが大好物です(笑) 紅葉が彩る美しい秋の日本庭園を歩くと「日本に生まれて良かった!」と、テンションが上がります(笑)