マーケティングって何?その目的は?

ビジネスをする上で、マーケティングは欠かせません。

とはいうものの、“マーケティング”って、そもそもなんでしょう?ざっくりしすぎていて、わかったようなわからないような、、そんなことはありませんか?

マーケティングと聞いて《販売活動》《販売促進》と捉える人も多いのではないでしょうか。広義の意味でいうと、これらも含まれますが、本来は別物になります。

「マネジメントの父」と呼ばれる経営学の大家ピーター・ドラッカーによると、

「マーケティングの理想とは、販売を不要にすることである。」

P.F.ドラッカー(2001)『【エッセンシャル版】マネジメント 基本と原則』P.16,ダイヤモンド社

と説明されています。

マーケティングと販売(セールス)は、本来別ということですね。

マーケティングは、売り手が「これ買ってください」と、セールスをしなくても、お客さんに「それ、気になる!」「それ、欲しい!」と、お客さんの興味関心をひきつけ購買意欲を高める、一連の活動になります。その活動の一環の中に、あらゆる販促物や手法が存在するんですね。

端的に言えば、“営業マンや販売員の前に、商品やサービスに興味を持ったお客さんを連れてくる、活動”の総称です。

全く興味のないお客さんに、商品やサービスを紹介するのと、興味・感心が高まったお客さんに商品やサービスを紹介するのでは、どちらが売りやすいでしょうか?もちろん言うまでもなく後者ですよね。

ビジネスをしている人は、日々、お客さんの購買意欲を刺激するマーケティングをしていきましょう。するとセールスする際も、だいぶラクになるはずですよ。


【セミナー案内】
2020年2月18日(火)、2月25日(火)、2月29日(土)
小心者・口下手・トークもヘタクソ、営業・セールスが苦手、、 なのに、セールスが決まる秘訣とは?