8割の成果を生む“2割”の生産性の高い仕事を優先する

「80対20の法則」というのがあります。

1897年にイタリアの経済学者パレートさんが発見したところから、「パレートの法則」とも呼ばれます。そのほか「最小努力の法則」「不均衡の法則」とも呼ばれることもあります。

八十対二十の法則とは、投入、原因、努力のわずかな部分が、産出、結果、報酬の大きな部分をもたらすという法則である。

たとえば、あなたが成し遂げる仕事の八十%は、成果費やした時間の二十%から生まれる。

つまり、費やした時間の八十%は、わずか二十%の成果しか生まない。これは一般の通年に反する。

引用:書籍:人生を変える80対20の法則

この法則は、あらゆるところに当てはまります。

例えば、会社の売上げの80%を占めているのは、20%の商品や、20%の顧客からもたらされています。

身近な暮らしの中でも、タンスに掛けられた服の中で、よく着る服は全体の服の2割であったり、食器棚の中にある食器も、よく使うのは全体の2割だったり。
思い当たりませんか?

この「80対20の法則」を、自分の仕事にも応用出来たとしたら、少ない2割の労力で8割の大きな成果を上げることが可能になります。

あなたの仕事で、この成果に結びつく“2割”ってなんでしょうか?

時間をとって考えてみてください。

そして、その2割の仕事を最優先事項に置いて、スケジュール・タスク管理を考えてみてください。

「これが成果に結びつく2割の仕事だ」と、思っても、マトが外れることもあるでしょう。

でも、それでも良いのです。大事なのは仮説を立て、やってみることです。

仮説、検証、改善を繰り返す中で、成果を出す精度が上がってきて、やがて著しく結果が変わってくる筈ですよ。


人生を変える80対20の法則

記事のシェアはこちらから


理想のマイビジネス構築《無料》メール講座
「商品、サービスメニューのこと、もっと詳しく聞かせてください!」

このようにお客さまから興味を持ってもらえたら、ビジネスはどれほどラクになるでしょうか。

商品やサービスメニューに強い興味を持ってもらえたら、あとはその商品やサービスメニューを、お客さんの目の前に差し出すだけです。

マーケティングとセールスが上手くいくと、このような【理想的なマイビジネス】を構築することが可能になります。

登録は無料です。ご興味がある方はどうぞ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

アバター
代表/ホームページ改善コンサルタント
「自社事業を軌道にのせたい!」そんな一人型ビジネスの方〜スタッフ3人程度の小さな会社の売上げアップをお手伝いしています。 趣味はお出かけ。キレイな景色、ビール、サンマ、ソーメンが大好物です(笑) 紅葉が彩る美しい秋の日本庭園を歩くと「日本に生まれて良かった!」と、テンションが上がります(笑)