あなたの強みは?強みを見つける意外な方法とは

あなたは「此処なら他人に負けない」という“強み”を何か持っていますか? あなたの強みは何ですか?

え〜っとアレとコレと、、と、思い浮かぶのであれば素晴しいですね。

ですが、もしコレといって思い浮かばなくても大丈夫ですよ。

今回の話しで、自分にも「まだ気付いていない“強み”があるかも」と、前向きに思ってもらえるかもしれません。

ちなみに私の強みは何かというと、それは、、

「口下手なところ」です。 気の利いたジョークも言えません(苦笑)
もうね、、とにかくアドリブが苦手なんですよ。 華麗に? スルーします(苦笑)

え!? それって“強み”ではなく“弱み”の間違いでしょ! とツッコまれそうですが、
いいえ、間違いではありません。

一般的にいえば口下手であることは、弱点のように捉えられると思います。

確かに、私はこれまで口下手であることで失敗したり恥ずかしい思いをしてきました。 でも、その“おかげ”で、いろいろ工夫をするようになったのです。

口下手であるという苦手意識を認識しているからこそ、大事な打ち合わせの際には、話しの展開を想定して、事前に入念に準備をするよう心掛けるようになりました。

仕事柄、勉強会やセミナーなどを開催することがあります。 その際にも参加者が飽きない工夫をするようになりました。

そしてこの話しには、結果的に嬉しい副産物が生まれました。

それは、私のように口下手が悩みという人へ、「こんな口下手な私でも、営業やセールスが出来るようになったんですよ!」という応援メッセージをおくれるようになったことです。

つまり何が言いたいのか? というと、『弱みは、ひっくり返すと強みになる』ということです。

さっき、あなたの強みを何かを聞きましたが、今度は逆にあなたの弱みを教えてください。 あなたの弱点や弱みは何ですか?

え〜っとアレとコレと、、と、思い浮かぶのであれば素晴しいですね(笑)

もしかしたら、その中にあなただけの強みが眠っているかもしれません。

あなたがこれまでしてきた経験・体験は、文字通りあなただけの経験・体験です。 “その人にしかないもの”は、とてもユニークなものです。 視点を変えるとユニークなものほど強みになります。

カンペキな人なんていません。 むしろ弱みはあって良いのです。 是非弱みを、違う角度で眺めてみてください。

その弱みの“おかげ”で、気付ける強みが見つかるかもしれませんよ。

ついでに「○○で悩んできた私でも出来た●●な方法」みたいなオリジナルコンテンツも作れそうですね。

《無料》メール講座のご案内

理想の自社事業構築《無料》メール講座

「商品、サービスメニューのこと、もっと詳しく聞かせてください!」

このようにお客さまから興味を持ってもらえたら、ビジネスはどれほどラクになるでしょうか。

商品やサービスメニューに強い興味を持ってもらえたら、あとはその商品やサービスメニューを、お客さまの目の前に差し出すだけです。

マーケティングとセールスが上手くいくと、このような【理想的な自社事業】を構築することが可能になります。

登録は無料です。ご興味がある方はどうぞ。


ABOUT US

アバター
代表/ホームページ活用コンサルタント
「自社事業を軌道にのせたい!」そんな一人型ビジネスの方〜スタッフ3人程度の小さな会社の売上げアップをお手伝いしています。 趣味はお出かけ。キレイな景色、ビール、サンマ、ソーメンが大好物です(笑) 紅葉が彩る美しい秋の日本庭園を歩くと「日本に生まれて良かった!」と、テンションが上がります(笑)