ビジネスの流れを悪くしている《詰まり》を取り除く

「此処を改善すると、流れが良くなるな」

先日、コンビニでペットボトル入りのサイダーを飲みました。たまにシュワシュワ〜っとした炭酸を飲みたくなるんですよね(笑)

ところで、このペットボトルって、注ぎ口辺りの“首(ネック)”の部分は狭くなっていますよね。

これは飲みやすいように意図的にデザインされているわけですが、もし、この注ぎ口辺りの“首(ネック)”の部分が、逆に広かったら?

ちょっと想像しただけでも、飲みにくいですよね(苦笑)

ボトルを傾けたときの勢いで、中の水を「ドボドボ」と零してしまうかもしれませんし、下手したら洋服を濡らしてしまうかもしれません。

ペットボトルの場合は“首(ネック)”の部分は狭いほうが、水の流れも抑制出来て使い勝手も良いですが、これが“ビジネスの場合”だと、逆に「流れをよくしたい!」ということがあります。

僕らコンサルタントはクライアントのビジネスの「流れを良くする」ために、この流れを止めている“首(ネック)”の部分を探すことに注力します。

何処でビジネスの流れが詰まっているのか?流れを悪くしている原因となっている《ボトルネック》を探すのです。この《ボトルネック》が改善することが出来れば、ビジネスの流れが良くなるわけです。

あなたのビジネスで、流れを悪くしている《ボトルネック》ってなんでしょうか?時間をとってチェックしてみることをオススメします。

この《ボトルネック》が改善されれば、滞っていたビジネスの流れが良くなる筈ですよ。


【セミナー案内】
2020年2月18日(火)、2月25日(火)、2月29日(土)
小心者・口下手・トークもヘタクソ、営業・セールスが苦手、、 なのに、セールスが決まる秘訣とは?