大きなホームランを狙うのではなく、小さなヒットを打続ける

「絶対、成果出るんでしょうね!」

たまにネットへ“過大”な期待を持たれている方と会うことがあります。

そういう方へは、その期待値が過大な“思い込み”であることを、やんわりと伝えます。特にネットでは、現在は上手くいってる手法も、時とともに使えなくなる、、なんてことも普通に起こりえます。

なので土台となる普遍的な戦略が必要で、その土台の上に、主流のノウハウが乗るというイメージになります。

まずビジネスに限らずですが、そもそも「《絶対》なんてものは無い」です。絶対といった確実性を求めている心理状態の時は、柔軟さを失った“硬直した状態”なので、とても危険です。

しかも、この言葉の裏には、自分のビジネスなのに、何処か責任転嫁しているニュアンスさえ感じるのです。

ビジネスをしていると、思い通りに行かないことなんて山程起こります。だからこそテストを繰り返すことであったり、短期、中期、長期で、何重にも打ち手を重ねていくのが良いと、僕は考えています。

「急がば回れ」という言葉がありますが、ビジネスは長期戦です。過去の自分の経験談からも言えますが、ハイリスクハイリターン思考だと、いずれ大きな失敗をして大負けしてしまいます。

大きなホームランを狙うのではなく、小さなヒットを何本も売っていく。

小さなテストを繰り返して精度と高めていく。そして、確実にヒットを増やしていく。

当たり前ですが、ヒットを売っていくのは、勿論その人自身です。

大負けさえしなければ、何度でも挑戦することが出来ます。この柔軟性が大事だと、僕は考えています。

小さなヒットを打っていくのは、一見地味に見えるかもしれませんが、その小さな積み重ねが、やがて大差になっていきますよ。


【セミナー案内】
2020年2月18日(火)、2月25日(火)、2月29日(土)
小心者・口下手・トークもヘタクソ、営業・セールスが苦手、、 なのに、セールスが決まる秘訣とは?