Style

“今風”であり、”成長し続ける事”。

曖昧な表現でわかりにくいかと思いますが、これが私達のスタイルです。

“今風”とはつまり”時流に乗る”という事です。

現代社会は人類がかつて体験した事の無い程の情報に溢れています。新しいサービスが現れては消えるといった、凄まじい勢いで流れています。

フェイスブックといったソーシャルメディアの影響により、全ての人が発信者へと変わりました。もはや企業は大衆をコントロールする事は出来ません。これからはコントロールするのではなく、自らコントロールを手放すようなオープンな戦略へと変化していく企業が増えてくるでしょう。

この社会動向を見つめに最適解の判断と行動を起こす事が、この航海を突き進む重要なポイントとなります。

何を当たり前のことを…と思われるかもしれませんね。

ですが、以外とこの判断が出来ておらず、いつまでも以前の常套手段にしがみついている経営者の方が、多いように見受けられます。

かつてチャールズ・ダーウィンが言いました。

”生き残る種というのは、 最も強いものでもなければ、最も知的なものでもない。 最も変化に適応できる種が生き残るのだ。”

と。

これはビジネスにもそのまま言える事だと私は思います。

ITのめまぐるしい進歩とともに、暮らしもビジネスも大きく変わりつつあります。この変化は、常にこれまでの常識を疑う機会を与えてくれます。我々は常に常識を疑い変化していこうと思います。

もちろん闇雲に変化してもしょうがありません。

大事なポイントは物事の本質を注意深く見つめ、その流れを掴み、最適な答えを出していく事です。その視点があれば例え失敗を繰り返しても、その経験は財産になると思います。

我々イメージフィールドは、希望の選択肢と思えるようなコンテンツを市場に創出して行くため、日々努力し精進して参ります。

 

IMAGE-FIELDは”ノマドワーキング”スタイル

p_sem03ノマド 」とは遊牧民のことであり、いつも決まった場所ではなく、カフェや公園、お客さんのオフィスなどでノートパソコン、スマートフォンなどを駆使しネットを介して場所を問わずに仕事を進めること。

また、「サードプレイス」という自宅でもなく、オフィスでもない、第三の自分の居場所で仕事を行う新しいスタイル。「オフィスのない会社」「働く場所を自由に選択する会社員」といったワークスタイルを指します。

満員電車や残業から開放され、自分の時間を増やす豊かな働き方として注目されています。

また、ワーク・ライフ・バランスという言葉も注目されいます。意味は違うものの、これらには共通するものがあるように思えます。それは”仕事もプライベートもひっくるめて、人生を自分らしく生きる”という事では無いでしょうか。

これら概念は、けして新しいものではなく、以前からあったのだと私は思っています。ただ、それを実現出来る環境や風潮が無かったから、今まで実現しなかっただけでしょう。しかし、今、ITの進化と世の中の風潮の変化により、それが可能となってきました。これにより、私達は今まで以上に自分らしく働く事が可能になってきます。

私達はノマドワーキングを基本スタイルとしております。なので自社オフィスはありませんが、打ち合わせのさいは、お客様の会社へ伺うか、最寄のカフェなどでお話をお伺い致します。

 

無料プレゼントは如何ですか?こちらからダウンロードしてください。




カテゴリー